本当の毛皮買取とは

安い高い?フェイクファーにはだまされるな

ファーコート買取極秘情報

 

f:id:ant07420:20180502102152j:plain

 

毛皮は本毛皮かフェイクファーかよりももっと重要な事があります。毛皮の値段は決まっていないものなのです。

 

5万円と言われて、その金額で納得しますか?中古品の買取額は、ビジネスでもあります。交渉してその金額を受け入れるか断るかです。

 

ファーコートを1万円で売るのも、2万円で売るのもあなたしだい。高級品になると特に金額が大きくなります。ミンクでも最高級、サガミンクやブラックグラマはやすく売ったら大損。

 

メンズ用カシミアコートも最高級といっていいでしょう。10%や20%の混合毛皮になると、安く買われてしまいます。高く売るためには一層努力が必要なのです。

 

毛皮はもともとは生きた動物の毛。キャット類などは頻繁に毛づくろいします。野良猫でも、高級なキャットでも同じです。日頃のお手入れ次第で5千円以上金額が変わります。

 

買取会社とは、持ち主と交渉して金額を決めるもの。相手が提示した金額から更に高くする交渉方法もあります。シャネルやフェンディなどブランド物になると、買取会社も譲歩しやすくなります。

 

高いものは相手からしても欲しいもの。反対に安い毛皮になると「高く買い取るほどの価値はない」ことになります。安いノーブランドのファーコート。10年以上昔の毛皮などがいい例です。

ただ今は動物の毛皮は保護対象。<span style="color:#FF0000">今だからこそ希少価値が出ていて高く売れるものがあります。</span>

 

安いからといっても、リサイクル価値があるため、捨てることはおすすめしません。100円で処分したものが、買う人にとっては安く買えるわけです。他の人の手に渡って喜ばれるのが買い取りです。

毛皮は昔の物でも高くなる場合もあります。生産量が減ってきているため、一部の動物の本毛皮になると価値が高くなるためです。痛みや抜け毛、変色などがあっても希少種では査定額が下がりにくい例もあります。捨てる前に一度は査定に出すことをおすすめします。

 参考サイト

一般社団法人 日本毛皮協会

 

毛皮の買取マル秘情報 – 自宅にお宝が眠っている?お得で高額査定の秘訣とは

 

はてな

 

ファーコートは大量にありすぎて注意です。中古品だから、ブランド品だから高く売れない。同じ種類のものがたくさんあって、古着でも売りにくい。ネット通販で物を買う時代です。近所の古着屋さんで買わなくてもいい。新品で安いアパレル商品もあります。

 

つまり毛皮やコートを高く売るにはコツがいるということです