本当の毛皮買取とは

安い高い?フェイクファーにはだまされるな

フェイクファーはなぜ買取できないのか

最近では偽ブランドの規制も厳しくなりました。毛皮製品ではなくても、洋服やゲームや音楽などコピー品は取締が強化されてきています。日本では輸入したものが偽物、偽ブランドだとわかると逮捕されるのです。

 

フェイクファーはリアルファーとは違います。人工的な繊維を使っていて、価格も安いものです。ただノーブランドのフェイクファーは許されても、有名ブランドのフェイクファーは許されません。実際に逮捕者も出るなど、偽ブランド品の規制は強くなってきています。

 

フェイクファーは古着屋でなら売れます。毛皮専門店は偽物の販売は許されません。質屋や買取専門業者は権利者から訴えられる事例もあります。有名ブランドではなくノーブランド品では問題はありません。

 

フェイクファーは少し見れば生地で判断が付きます。タグに記載があることはないので、判断がつかないなら、買取会社に鑑定すればわかります。生地の縫い目を見てみれば、素人でも判断は付きます。本毛皮製品との違いは表面にある毛の違いです。

 

もともと安い値段で売られていたものはフェイクファーです。購入時に割安なものはコピー品の可能性が高くなります。フェイクファー自体は、本毛皮と偽らなければ問題はないものです。ショップでも人工的な物は販売されていて、10%のカシミヤ素材などもあります。カシミヤコートといっても100%のものよりも数十パーセントの混合品もあるのです。

 

フェイクファー中古相場

数千円~2万円

 

コート類は買取でも高い傾向。マフラーや小物類は2万円以下が多くなります。古着屋などで価格を見ていると相場に詳しくなります。楽天Amazonヤフオクなどで価格を見てみるのもいいでしょう。フェイクファーの買取相場、リアルファーの買取相場と違いがわかります。