本当の毛皮買取とは

安い高い?フェイクファーにはだまされるな

ファーコート買取極秘情報

毛皮は本毛皮かフェイクファーかよりももっと重要な事があります。毛皮の値段は決まっていないものなのです。 5万円と言われて、その金額で納得しますか?中古品の買取額は、ビジネスでもあります。交渉してその金額を受け入れるか断るかです。 ファーコート…

ボンボンは毛皮?査定額がいくらになるか

毛皮のポンポンありますね?小物で、キーホルダーなどに付いています。これはフェイク・ファーで安物もあるため、専門店だと売れない場合もあります。ボンボンはふわふわとも言います。 小物類でも、ブランド物になると価値があがる。日本人のブランド志向が…

処分時期がいつ?毛皮の価値が変わる

処分時期はいつでもよくありません。 なぜなら毛皮は生きた価値のあるもの。時間が経つほど商品価値が落ちてきます。動物でも毛づくろいやお手入れをします。 ファーコートやマフラーでもお手入れ次第で価値が大きく変わるのです。高額な毛皮製品ほど、クリ…

ミンクファーとは他の毛皮との違い

毛皮のコートといえば、フォックスやラビット、セーブル、チンチラなどなど。 ただし誰もが知っているハイグレード品といえば、ミンクではないでしょうか?名前は知っているけども、そのトレードマークはというと的確に解答られる人は少ないかも知れません。…

毛皮買取のおたからやの評価

おたからや特徴 ・フランチャイズ店 ・店員のスキル経験の差が大きい ・毛皮は専門ではない ・リサイクルショップに近い ・店舗数は多い 毛皮はおたからやでも買取できます。ただ、ここでは専門ではないので、買取価格が不安定でもあります。衣類は季節で買…

毛皮で買取できないもの

・汚れが大きいもの 毛皮はクリーニングしても汚れが残るものもあります。落ちない汚れは買取しても価値がでません。少しの汚れであれば、クリーニングしても価値が残るため買取はできるのです。色あせや変色などでもともとの色柄が変わってしまったものは買…

毛皮買取大阪の実情

Aさんの体験例 「大阪では悪質な所もあるんですよ。もちろん普通のお店も多いんですけど、電話勧誘や訪問の会社には要注意ですね。買取というと、悪質会社は強盗みたいなものです。まあ警察でも呼べば変えるでしょうから、とにかく連絡ですね。ただ電話番号…

フェイクファーはなぜ買取できないのか

最近では偽ブランドの規制も厳しくなりました。毛皮製品ではなくても、洋服やゲームや音楽などコピー品は取締が強化されてきています。日本では輸入したものが偽物、偽ブランドだとわかると逮捕されるのです。 フェイクファーはリアルファーとは違います。人…

アメリカン・レジェンド毛皮買取の注意点

◆アメリカンレジェンド ・ブラックグラマ ・ブルーアイリス ・マリオバレンチノ アメリカンレジェンドはミンクの有名生産者です。買取でも、人気メーカーのため高い値段がつきます。ミンクは長年使っていても、寿命が長いため価格が落ちにくいのが特徴。高級…

ブラックグラマ買取のポイント

ブラックグラマはミンクのコートの中でも最上級。ロングコートでも50万円、100万円の販売価格があります。買取では、高級品になると定価の50%以上もでてきます。ノーブランド毛皮では30%以下もあるのに対して、ブランドや有名なメーカーでは価値が下がりにく…

毛皮買取と経年劣化

毛皮はもともとは生きた動物の毛。動物は毛づくろいをすることで、お手入れをしています。毛皮製品でも、使った後やオフシーズンにクリーニングしてお手入れをしないと買取価格が下がってしまいます。 ◆ミンクのコートの例 美品 180,000円 低品質 100,000円 …